自分に合った大阪のセフレを続けていきたいと思います

2020.09.08 Tuesday

0

    奈良時代から日本で続いているとされる行事。当時の大阪のセフレでは、天候が変わり、暑くなったこの頃の病気で、多くの人が亡くなりました。病気や不幸を避けるために、虹彩やよもぎなどのハーブを撃ったり、悪霊たちが後退しながら矢を射ったりするイベント。
    江戸時代からの習慣。古代日本の大阪のセフレの滝のクライミングからの成功を祈り始めました。少年祭が少年祭になったのもこの頃です。
    最近は鯉のぼりはあまり見かけませんが、続けていきたいと思います。
     テレビで流れていたフレーズ
    突然思い出した。
    「闇について文句を言うのではなく、すぐに明かりをつけましょう。」

    それが大阪のセフレなのかコマーシャルなのか思い出せないけど、自分に合った気がした。
    あの時は有名人の一言だったんですけど・・・。
    「自己抑制」という本来の意味に戻りましょう。人々はたまらなく、できることの範囲は成熟しています。

    コメント
    コメントする