大阪の割り切りはメニューが好きになる

2020.01.08 Wednesday

0

    いいえ、すぐに

     

    大阪割り切り
    いいえ、すぐにやります


    そう

    とても好き大阪の割り切り

     

     

    しかしながら、

    私だけが食べる食材とメニュー

    いわゆる高級品

    趣味大阪の割り切り

     


    そう

    トマトが贅沢なら

    ごま豆腐も

    ところで

    コーヒーゼリー

    ナスも大阪の割り切り

    ゴーヤ

    セロリも

    高級品として位置付け

     


    それ

    わざわざ
    大豆をキロ単位で購入する


    一晩着る

    5インチの爪を置く

    その事
    あなたが沸騰する場所

    私はお腹を満たすだけです


    最後の一粒まで責任を持って
    私は一人で食べます


    おいしいと思うもの
    私だけ大阪の割り切り


    おいしい!
    共有できません


    キッチンに何時間も立ちます
    本当においしいと思うものを作る


    そのような失望はありません


    高級品に分類される食品


    できる限り買わない
    大量生産しないようにしています

    しかしながら
    高級品に傾いている豆の中で
    一部は受け入れられます

    最も正統派
    解凍したら食べられます
    枝豆は常に冷凍庫で2つの袋に入れて保管しました


    ポテサラの枝豆

    ひじきの枝豆

    枝豆入りご飯

    味pasteの枝豆

    枝豆入り春雨スープ

    チャーハンの枝豆

    枝豆のアクセントは皆のためです
    苦情なし大阪の割り切り

     


    ポテトサラダが最高
    ひじきの大豆も素晴らしい

    最初にテクスチャーが素晴らしい大阪の割り切り
    難しいほど良い

    さらにカラフル
    申し分のない

     

     

    コメント
    コメントする