今日は責任があった大阪の割り切り

2019.12.09 Monday

0

    内容?生き残ったがw

    大阪割り切り
    もちろん、多くの火災がカットされました。
    残りのものは行方不明の人々のために働いた
    私は残業しませんでした。
    会社が約束を守らなかったから大阪の割り切り
    私は辞めた

    しかし、会社はまだ生き残っています。
    人件費を見つけられない企業
    潰すべき会社です大阪の割り切り
    コストがかからないからです。

    アルバイトに従業員のような責任を課す
    企業は粉砕されるべき企業でもあります

    人件費を削減しています
    これも計算できません大阪の割り切り

    外国と競争することはできませんか?
    ビジネスを変える方が良いと思います。
    とにかく勝つことはできません。

    今日長い間働いていた会社の人から大阪の割り切り
    人件費が厄介になったと聞いた
    辞めるべきですか?アドバイスを受けたから
    私はこれを考えました。

    もちろん、さまざまな状況があると思います
    私が正しいとか、もう一方が奇妙だと言うつもりはない
    海外から輸入された奴隷しか食べられない農民や小さな工場を作ったのは
    残業が好きなのは会社の家畜だからだと思います。

    どんなに高度な技術や情報であっても、人々は弱い
    人々はこのような雨災害に対して脆弱です
    そして、あなたの親localが地元にいるのは難しいです。
    そのような災害のために全国のボランティア
    ネットワークできたらいいのに
    通常の指の動き
    何もない
    私は同意するか尋ねるとは思わない
    閉じてください大阪の割り切り


    どこで書きましたか
    開始時間前に自発的に準備することが多い
    残業していると言う人がいます。大阪の割り切り
    かなり間違っていると思う

    作っているか売っているか
    いずれにせよ、人件費は費用に含まれています。

    もちろん
    労働時間とサービス残業前の準備

    コメント
    コメントする